モテ女育成予備校〜男が喜ぶ恋愛・セックス〜

彼と結婚したい!『彼にプロポーズさせたいならまずコレをせよ!』いつかは…と思っているだけでは結婚出来ないかも!?

モテ女育成予備校〜男が喜ぶ恋愛・セックス〜 サイトマップ

が手放せない女の特徴・テクニック

彼と結婚したいのであれば、まず最初にしなければならないことはコレだ!

彼にプロポーズさせたいならまずコレをせよ!

彼の結婚への意識を確認する

image

彼とのお付き合いも良い感じだし、この年齢だし、そろそろプロポーズしてくれないかな・・・。
そんな悩みをお持ちの乙女の皆さまにまずして頂きたいことがあります。

それは彼の結婚に対する意識調査です。

彼にプロポーズさせるテクニックとして色々な情報がネット上にはあります。それらはどれも正解であり不正解であるでしょう。

だって、本来はその時の彼の状況や気持ちによってアプローチの仕方は変わるハズです。

例えば、成功例などによくある「ゼクシィをさりげなく置いておく」などのアピール。
結婚を考えているけれどいつとは考えてない、という気持ちの彼になら有効な手段です。
しかし、まだ全く結婚を考えてない彼にとっては重たいと思われたりプレッシャーに感じて最悪別れさえあるかもしれません。

はっきり言って結婚を考えているアナタに全く考えていない彼なら別れも1つの選択肢だと私は思っています。
しかし、自分の結婚アピールのせいで別れたとなると自分の中で引きずってしまうかもしれません。それはとても勿体ない事です。

彼にプロポーズされたいなら、まず最初に必要なのは「彼が結婚をどう考えているか」を探る事です。

この結果云々ではアプローチの仕方が変わってきます。

それと共に貴方の気持ちの再確認も必要です。
彼と結婚したい。でももし彼が結婚する気がなかったら?する気はあるけどまだ先だと言われたら?

女性は男性よりも何歳までに結婚したいという気持ちが強いです。
彼が結婚する気はなくても、一緒にいれれば婚期を逃してもいい!と思うのか。
先延ばしにされて保証もないのに待てるのか。
彼に結婚の意思がないのなら別れて他の人に目を向けたいと思うのか。

あなたの気持ちや覚悟の度合いによってもアプローチの選択肢は変わってきます。

自分の気持ちは自分で静かに向き合うしかありません。 では彼の気持ちを確かめる為に有効な方法を見ていきましょう。

男が結婚をしていない理由を考える

男性が結婚をしていないのにはワケがあります。
20代前半までの若い時期なら正直考えていない人が殆どだと思います。でも考えてないなりの理由や、20代後半以降なのに結婚をしていないならその理由を探るべきです。

理由1.そもそも結婚願望がない
結婚願望が最初からないタイプにどんなアプローチをしてもプロポーズされる確率はかなり低いです。
その人の性格的なものですし、結婚よりもやりたいことがある場合などは貴方がどんなに魅力的な女性であっても結婚には至らないでしょう。

あなたが将来的に結婚をしたいと本気で考えているのなら別れを選んで他の人を探した方が結婚に近づけます。

親が離婚している、友人夫婦に幸せそうな人がいない、既に離婚経験があるなどネガティブなイメージで結婚したくないと思っている場合は微妙なラインです。
根気強く焦ることなく彼のネガティブイメージを少しずつ改善しポジティブイメージを植え付けていくことが必要になります。思い込みの強い彼であればかなり骨の折れる作業です。長い時間も必要になるかもしれません。

貴方の思う結婚時期までの時間も考慮して、別の道を選択するか頑張るか決めないといけません。

理由2.「いつかは〜」とは思っても具体的には考えていない
実は多くの男性はこれに当てはまると思います。
いつかは結婚するだろう、そのうち結婚するだろう、そうは思っても具体的に何歳までに、こうなったら、というビジョンは持ち合わせていません。

出産による適齢期がない(と勝手に思っている)男性にとって、女性ほど結婚に対して深く意識している人はごく少数です。考えている人は子供が欲しいと強く願っている人くらいでしょう。出産は男性は自分だけではどうしようもないので 「結婚」という意識を持っています。

ほとんどの男性はなんとなくそういう年頃に付き合っている彼女と結婚して そのうち子供もできるかもな〜くらいにしか思っていません。

こういうのんびり彼には結婚の話題を出したり、家庭的な所を見せて結婚をイメージさせやすくするなどの作戦が有効です。

理由3.まだ遊びたい
男性にとっては結婚すると自由になるお金と時間が減り、他の女性を見る事ができなくなり、大黒柱としての責任がかかってきます。
今時共働きが当たり前のように増えたとはいえ、まだまだ日本は男性は仕事で女性は子育ての大半を担っているのが現実です。

いつかは〜と考えている人と似ていますが、今は遊びたいから結婚は嫌だとはっきり思っているタイプです。 これも中々の曲者。
「今は〜」と言いつつ、いつまで、と具体的に決めてないのでズルズルといく可能性があります。

1年後、2年後など期間を区切って待ってみたり、「2年後も考えられないようだったら私は他の人を探すね」と提案しておくのもアリです。

理由4.結婚願望はあるが収入や将来が不安で踏み出せない
これは男としてのプライドが高いタイプに多いです。
彼女と結婚の意思がないわけではないけど、不自由をさせたり満足いく結婚生活が送れないコトに不安を感じています。

このタイプの彼には、自分も働く意思があることや節約上手であることなどをアピールしながら彼の不安を取り除いてい行くことが必要です。

理由5.結婚願望はあるが貴方との未来が想像できない
結婚をしたいとは思っていても、貴方が奥さんとしてどうかなと二の足を踏んでいる状況です。彼の思う家族の形が貴方とでは作れないと考えているパターンです。

金銭感覚が合わなかったり、束縛が激しかったり、自分の家族や友人と仲良く出来なかったり。

男は見栄っ張りな生き物です。自分の知人の前で自分を立ててくれないなども結婚を遠ざける理由になります。

家庭的な部分をアピールしたり、ホッとする空間を作ったり、奥さんにしたいと思わせる事が出来ればプロポーズも近いかもしれません。

パターンはわかっても、彼が今どの状態なのかわかりませんよね。次は彼の気持ちがどうなのか、探る方法を見ていきましょう。

直接聞く

今の彼の感情を知るのには直接聞くことが1番確実です。
本当の事を言うとは限りませんが、その時の彼の言動により心理状態を細かく分析出来る可能性があります。

そんなの聞けたら悩まないよ!という苦情が聞こえてきそうですね。
しかし、結婚とは違う環境で育った2人が共に生活をすることです。何かある度に感情的になることなくきちんと話し合いを出来ないカップルは結婚をしたとしても長続きしないか、不満だらけの結婚生活になる可能性が高いです。

結婚への第一歩として勇気を出して聞いて見ては如何でしょうか。

もちろん聞き方には気を配った方が良いでしょう。
いわゆる「宿題やったの?」「やろうと思ってたのに言われたらやる気なくした!」という心理が人にはあります。 責めると逃げたくなるのも人間の本能です。

「私との結婚、どう考えてるの!?」と詰め寄っては彼もタジタジ。柔らかく、でも簡潔に。「結婚って考えてる?」「何歳までに結婚したいとか考えてる?」と聞いてみましょう。

1番重要なのはどんな返事が返ってきても怒らず「ふ〜ん」と追い詰めないコト。

また嬉しい返事が返ってきたとしても「ホント?いつ?」など詰めずに「そっか」と軽く微笑むくらいで終わりましょう。

ココを間違えると貴方との結婚を考えていたのに、やっぱり考え直そうかなということになるかもしれません。

1つくらいの追い質問は良いですが、最後は引くこと。

この時に彼が怒ったりうざがったりする場合は考え時。今は仕事もあるし・・・など言い訳をする場合も考え時かもしれません。

全ての男性が自分の気持ちを上手に言葉に出来るわけではありませんし、口調やそれまでの態度なども総合して判断する必要はありますが、ここ1~2年以内に貴方との結婚を考えているなら 何かしらの具体的な話が聞けると思います。

「給料が上がったら」ではなく「○○円になったら」や「課長になったら」などです。
漠然とした理由やタイミングという抽象的なものでなく、理解して期待できる内容であれば待ってみても良いでしょう。

何とかこの話題から逃れたいような言動が見受けられたら、このまま保証もなくズルズル付き合うか別れて他の人を探すか考え直す時期という事です。

タイミングというのは確かにあると思います。しかし、貴方と彼のタイミングが違うならそれは結婚相手ではない可能性が高いという事です。

素直に「何も考えてなかった〜このまま一緒にいればいつかするんじゃない?」みたいな返答であれば、安心せずにアプローチしていきましょう。
このタイプは現状に満足して重い腰を上げません。家族の話をしたり将来の話をして、彼の頭の中に結婚というものを思い浮かべれるようにジワジワ攻めていきましょう。

少しでも重くならないように聞きたいなら、クリスマスなどのイベントでラブラブな時に軽く甘えるように聞くと良いかもしれません。

結婚という人生において大きな決断を聞くわけですから、全く重くならないのは無理というものです。

周りの状況を利用して聞く

そうは言っても結婚を考えてる?なんて直接聞けないよぉ…。そういう貴方は周りの状況を利用しちゃいましょう。

例えば友人の結婚式に行ったならその話をしてみて反応を見ます
「私もあんなドレス着たいな〜」「ハウスウエディングが流行ってるけど、やっぱりホテルって格式ある雰囲気だったな〜」

もう1歩踏み込めるなら「○○クンは和装と洋装はどっちがイイ?」「今まで行った結婚式で良かった場所とかある?」のように質問もしてみましょう。

もちろん彼は彼女との結婚として聞かれていると気づくでしょうけど、こっちの雰囲気としてはあくまでも「結婚」というものにどういうイメージや希望があるか、という流れにします。

「お金がかかるだけじゃん」とか「結婚式とか苦手」というネガティブ発言があればココも考え時。
結婚する気がないか、結婚に対して良いイメージがないか、現時点では結婚という話題から逃れたいかです。

「あれは女の子の好きにするものでしょ」のような返答の場合もちょっと考えて。
君の好きにしていいよという意味かもしれませんが、結婚式の準備と言うのはそこで別れるカップルが出るくらい大変です。

君の好きに〜と言って全く協力し手伝ってくれるそぶりのない彼の場合はその後の結婚生活が心配になります。
「え〜。好きにしたいけど、2人で選びたいじゃない?」と可愛く甘えるように言って更に反応を見てみましょう。

ネガティブな情報は与えない方が良いです。「友達が旦那と喧嘩したんだって」とか「親友が結婚しちゃったから中々会えない」など、何気なく言っても結婚に対してマイナスイメージが残ります。

周りにタイミングよくそういう状況にないならテレビの出番です。
芸能人が結婚したなら「私は○歳までに結婚したいな〜」とか。
妊娠報道なら「素敵。私も子供は○人くらい欲しい〜」とか。
「婚姻届って深夜でも出せるんだね〜」とか。

そこから「結婚するなら大安とかこだわりある?」「子供好き?」「○○クンのご両親は何歳で結婚したの?」などいくらでも繋げていけます。

もし、そっけない返事だったとしても、怒らず責めずに「へぇ〜」と話を終わらせてその後の対策を練りましょう。

将来設計を話してみる

今までの方法と似ていますが、結婚というワードを使わずに聞くことも出来ます。

例えばこのまま今の会社にいるつもりがあるかとか、出世欲があるのかとか。

どうしても聞きにくいなら自分の事を先に話してみるのはどうでしょう。
「今の仕事も好きだけど、いつか子供が出来たりしても続けやすいのはこういう仕事かなって考えてて。転職しようかなと思っているんだよね」

この時に彼に結婚して仕事を辞めたいという気持ち(が本音であっても)を悟られてはいけません。逃げ道として結婚したいだけなんて養ってと言ってるようなもの。それはかなり気持ち的に負担になります。

あくまでも私の将来の希望はこう。だからその為に今これをしたいと考えている。という流れにしましょう。

その時に具体的に結婚生活や子供のことをさりげなく織り交ぜる事が出来れば、貴方が結婚を考えているという事は伝わります

もし、ここで彼が真面目に対応してくれたら2人の将来について話し合ってみましょう。
結婚後どこに住みたいか、子供は何人欲しいか、転勤などあったらどうするか、家計の管理はどうするか。 夢見事の話ではなく、具体的なビジョンで話してみましょう。

それによって彼の頭の中でも具体的に想像できれば具現化しやすくなります。
ノリノリの2人なら結婚式や招待人数などの楽しい話もしていいと思いますよ。

家族の話をしてみる

やっぱりそんな話出来ない!そういう人は家族の話をしてみましょう。

お互い1人暮らしで彼のご両親に会ったことないなら「どんな人?」でも十分です。
家族の話はある程度出ている2人なら「会ってみたいな」と言ってみるのもあり。

既に会ったこともありますという場合は彼のお母様のお誕生日や母の日の贈り物をしてみるなど1歩家族に踏み込んでみましょう。

お母様がいない場合はお父様で大丈夫ですが、両親ご健在の場合はお母様からする方が無難です。やはり彼との結婚で攻略しなければならないのは義母さまですから。

お誕生日はどちらが早いかわからないので母の日、父の日という順番で何かしら贈り物をしてみるのはどうでしょう。貴方からでなく、彼からのプレゼントとして送ってもOK
嫁でもない女の子からより息子から貰う方が嬉しくて当たり前。そんなさりげない気遣いが出来る女性は、後々嫁になってからも好印象です。

彼のご家族とはそれなりのお付き合いがあるけど、自分の親に彼を紹介してない場合は「うちの親も彼を連れて来たらって言ってるの」と言ってみて。

男性にとって彼女の親に会うというのは結構勇気のいること。これを快諾してくれるなら結婚までの道のりはそう遠くはないでしょう。

彼の貯金額を探る

はっきり貯金いくら?とは聞きにくいですよね。でもお給料くらいなら聞けるのではないでしょうか。

これから結婚しようという2人なら彼のお給料は避けて通れません。
その金額から生活スタイルをよく観察してみると、どれくらい余裕があって貯金しいそうか想像出来ます。

大きな買い物をしているかどうかも目安になります。
車や高い時計などローンで購入しないといけないようなものを買っている場合、貯金は少な目かもしれません。

将来設計を考えている男性ならある程度貯蓄があります。でもぼんやりとしか考えてない彼ならちょっとお尻を叩いて結婚を意識させる必要があります。

貯金額まではわからなくても、何にどれくらいのお金を使っているか、よく観察するだけでも価値があります。
生計が一緒になるのに金銭感覚が違うのはトラブルの元です。

単純な金遣いの荒さや彼の稼ぐ金額によるものではありません。

例えば、食事はたまには外食して…と楽しみにしているタイプか、家で食べれればなんでも良いというタイプかでは食費の金額が大きく変わります。

彼が交際費に毎月5万使っていたとしましょう。20万のお給料であれば25%ですが100万のお給料なら5%です。

これは給料を何にどれくらいの割合で使うという価値観を見る事が出来ます。
100万稼いでいても、自分は5万の小遣いなら奥様が10万の買い物をしたら怒るかもしれません。
20万の収入に5万使う事を止めて貰えないなら生活がキツイかもしれません。

何を良しとし、何を無駄と感じるか。その価値観の理解は結婚する上でとても大切です。

聞きにくい話ではありますが、直接聞かなくても普段の彼の言動やデートの時の場所のチョイスなどである程度傾向は探れるはずです。

匂わせる

「来年の今頃、私たちナニしてるかなぁ」と話題にしてみる。
本屋でデート中にゼクシィの前で立ち止まる。(彼がそれに気づいたらすぐになんでもないかのように振る舞う)
ドレスショップの前で「可愛い〜」と無邪気に褒める。
共同のパソコンがあれば検索履歴に「結婚」などのワードが入った履歴を残しておく。
友人夫婦と一緒に食事に行く。
クリスマスや誕生日のプレゼントは何がイイ?と聞かれたら「指輪」と答える。

貴方が結婚したいと思っていることを匂いわせる方法はいくらでもあります。

やりすぎると結婚へのプレッシャーを与えてしまって彼が逃げ腰になるってしまうかもしれないので注意が必要ですが・・・。タイミングを見計らって1つくらいしてみるのが良いでしょう。

どうしても結婚する気があるのか聞けない。将来設計って結局結婚のコト聞いてるのと一緒ジャン!

そんな乙女が彼に結婚の意思があるかを探りたいならさりげなく匂わせる必要があります。
そして貴方の結婚願望に気づいた時にどういう行動をとるかで彼の心理を探るしかありません。

完全に無視される。なんとなく逃げているような感じ。これはまだまだ道のりは長いでしょう。

「そうか、彼女は結婚を考える年齢なんだ」と気づいたからといって、それまでのほほんと構えていた男性なら1ヶ月や半年でプロポーズするとは考えにくいです。

まずは貴方が結婚したいという気持ちがある事を気づかせる。そして後は放置。

もちろん、放置している間は家庭的な所を見せたりして結婚したいなと思える女になる努力が必要ですよ。