モテ女育成予備校〜男が喜ぶ恋愛・セックス〜

いつまでも愛されるには女と意識される事が大事『家族でも女性の恥じらいは持っておく』で男女として一線引いておこう!

モテ女育成予備校〜男が喜ぶ恋愛・セックス〜 サイトマップ

旦那にいつまでも愛される女の特徴・テクニック

妻が女に見えなくなる原因は「恥じらいがなくなる」こと!

家族でも女性の恥じらいは持っておく

夫の前で着替えない

image

夫が妻を女として見れなくなる時、多くの原因は「妻が女を捨てている」と夫が感じる事にあります。

家族かもしれません。でも女性としても恥じらいを無くしては女を捨てていると思われてしまいます。

では恥じらいを無くしているとはどういう状態でしょうか。

まず1つ目は「平気で夫の前で着替える」です。
小さい子供がいてそんな事気にしてられないよ!それが世の妻の本音かもしれませんが、それを理由に恥じらいもなく堂々と裸を見せて着替えるのは夫をげんなりさせます。

夫がいるなら「着替えてくるからちょっと子供たち見てて」と言えば良いだけです。
寝室で着替えようとしている所に夫もいるなら せめて背を向けてなるべく見えないように配慮するとか「こっち見ないでね」と言ってパッと着替えるとかですね。

結果見られたとしても、はぁ?もう夫婦なんだからいいだろ?と冷たく言われたとしても、「奥様が恥ずかしいと思っている」事は伝わります

別にいーじゃん見えたって。コレが夫の本音です。でもバーンと裸を見せつけられるのも「ちょっとくらい恥じらえよ」と思われます。

裸を見慣れてしまうというのはセックスレスの危険もあります。慣れてしまって特別感がなくなってしまうんです。

一緒にお風呂に入るような仲良し夫婦でも、それで満足してセックスレスということはよくある話です。

セックスレス=不仲とは限りませんが、 旦那にいつまでも愛される女の共通点は「女を捨てていない」という点です。

下着を堂々と干さない

お付き合いしている頃は、デートの時にどの下着を着けて行こうと悩んだりしませんでしたか?
彼もセックスの時に彼女の下着を見てドキドキしていたハズです。
お泊りの朝に自分の下着がそこらへんにあったら恥ずかしくて隠したハズです。

それが結婚したらどうでしょう。
男性にとって女性の下着はエロくて特別なモノです。それなのに目の前でブラブラと干されていてはどうでしょうか。

家に干すしかないんだからどうしようもないじゃん!はい。仰る通りです。 しかし努力はできるのではないでしょうか。

下着を堂々と外に見えるように干す人も珍しいですよね。たいてい室内で干したり乾燥機にかけたりします。

例えば干す時に周りにタオルを干して見えにくくする。乾燥機にかけてすぐにしまう。乾いたらすぐに直してそこらへんに堂々と放置しない、くらいの事でも良いのです。

結果は同じでも「しょーがないでしょ!」と堂々とされるより「恥ずかしいから早くしよ」と思ってされるのとでは受け取る側の気持ちが違います。

また、変化による夫のテンション低下を防ぐ事も出来ます。せっかく色気のある可愛い下着であっても、堂々と干されて見慣れてしまえばただの布きれです。

昔は可愛い下着をつけていたのに今は色気のない下着に変わっていっていたら、もう男として見られてないのかなという気持ちにさせます。 裸を見慣れると一緒でセックスレスの原因にもなります。洋服を脱がせて初めて目にする下着の特別感がないので興奮しなくなってしまうんです。

完全に防ぐのは無理です。でもせめて下着を夫に取り込ませたりすることはしないようにしましょう。

オナラをしない

これは自然現象なのでどうしようもない時もあるかと思います。

だけど、横に転がってボリボリとお菓子をつまみながらブホっと出るオナラ・・・。 さすがに色気が無い事はご理解いただけるかと思います。

オナラをしてしまったら可愛く謝ったり恥ずかしがったりして、恥じらいを忘れないでということです。

平気でオナラしあうような仲良し夫婦もいますが、色気があるかというと決してありません。

トイレのうんちの後なんかも気を使いたい所です。芳香剤やスプレーを使ったりして気を使う事を推奨しているのであって、臭いを発するな、オナラをするなということではないのでご理解ください。

我慢は体に毒ですので、もよおしたらそっとトイレにいってスッキリしましょう。

夫はオナラをする妻がイヤなのではありません。恋人の時は気にしていたのに、男として気にされなくなった事がイヤなのです。
これは今までの裸や下着を堂々と見せる行為も同じです。

見た目にも気を使う

見た目にも気を使うとは、常に化粧をしてお洒落をしろという事ではございません。
そうですね・・・。例えば「宅急便が来た時にすぐに出れないような状態で家の中をウロつかない」ということです。

髪もくしでとくくらいはしましょう。目ヤニくらいは取りたいですし、口が臭いのも嫌ですね。
カジュアルで楽な服装なのは構いませんが、そのままコンビニにも行けないようなヨレヨレの恰好では女として見れなくなります。

清潔感がないのは女性として致命的ですし、宅急便にも出れないような恰好を常に夫に見せているということになります。
ボロボロの恰好でも宅急便くらい出れるという人。逆にそんな恰好で人前に平気で出れる女を「女らしい」と感じるでしょうか。

いつでも出かけられるほどピシっとしておけとは言いません。ただ、少しだけ恋愛時代を思い出してください。 気を抜いた格好の時に突然彼が家を訪ねて来たら慌てて着替えませんでしたか? 簡単に髪をとくくらいの事はしませんでしたか?

「昔は可愛かったのにな」と思われては愛され妻から遠のいてしまいます。夫は女性が好きで結婚していますよね? 女を捨てた人は愛せませんよ。

年相応の可愛さや品の良さというのはあります。歳をとったから・・・という言い訳は無しで、最低限の身なりと清潔さは保ちましょう。