モテ女育成予備校〜男が喜ぶ恋愛・セックス〜

妻に誘われたい夫は8割?『妻からもセックスに誘う』でマンネリ解消にもお役立ち

モテ女育成予備校〜男が喜ぶ恋愛・セックス〜 サイトマップ

旦那にいつまでも愛される女の特徴・テクニック

妻からセックスに誘われたい夫は多いのです。マンネリ解消にも繋がるので積極的に誘ってみよう

妻からもセックスに誘う

世の旦那様は妻からセックスに誘われたら嬉しい?

image

日本人男性は女性に貞淑な淑女であることを望みます。性に奔放な女性を妻にしたいとは思っていません。

加えてとってもデリケート。 ちょっとプライドや心が傷つけられたら殻に閉じこもったり攻撃的に出てしまう事も・・・。 本当、困ったチャンです。

男性から誘うのが当たり前、女性は性に対して受け身であるべきという価値観の人は、女性に誘われる事を嫌います。

また、最近よく耳にする「妻だけED」のような状態であっても誘われると困ります。

しかし!多くの男性は妻からセックスに誘われるのは嬉しいと感じています。
結婚して彼女が妻になると恋人の時のような緊張感やドキドキはなくなってきます。 夫婦だからこそセックスにはスパイスが必要になってくるんです。

こざかしい理由を抜きにしても、女だって欲求不満ではなくても、誰にも誘われないより誘われた方が嬉しいですよね。

一般的にはベットに誘うのは男性から、という方が多い中で女性から誘われるというのはやはり嬉しいです。

特に子供や忙しさにかまけて寂しい思いをしていたり、誘いづらいと思っている旦那様であればとっても嬉しいはずです。

女から誘うなんて・・・そう思ったアナタ。「家族でも女性の恥じらいは持っておく」を是非読んでみてください。

セックスに誘う勇気はないのに、旦那様の前で平気で下着を干したり着替えたりしていませんか? オナラをしたりうんちの後にスプレーもせずに出てきたりしていませんか?

日本の夫婦は40代以降になると50%以上がセックスレスと言われています。
旦那様が女に誘われるのが大嫌いと言う堅物でない限り、妻からもセックスに誘う事はセックスレス回避にも繋がります。

旦那が誘ってきていてセックスレスなど無縁な夫婦であっても、たまには妻から誘われたら嬉しいモノ。
いつまでもラブラブ夫婦でいる為にも、たまには妻からセックスに誘ってみましょう。

セックスに誘うBADタイミング

いくら妻から誘われたら嬉しいとはいえ「今言うか!?」というBADタイミングがあります。

1.帰宅直後
仕事を終えて帰ってきた旦那様は、まず一息つきたいのです。家庭というリラックスできる環境で「ふぅ」とネクタイを緩めたいんです。

疲れている場合もありますし、大事な仕事があってまだ脳内が仕事モードのままかもしれません。

ここでいきなり妻からセックスに誘われると、次の仕事が待っているかのような面倒な気分にさせられます。

夫婦生活が長くなればなるほど男は自宅に帰ればまず「一息」「ご飯」「風呂」が先なんです。
新婚ほやほやラブラブカップルならまだしも、まずは笑顔でお帰りなさい、ですよ。

2.寝ている所を起こして誘う
ゴロゴロ寝ころんでいる場合は別ですが、本当に眠っている旦那様を誘うのはNGです。

疲れているかもしれませんし、だいたい寝てるところを人様の事情で起こされるって物凄く不愉快ですよね。

寝起きの悪い旦那様であればセックスが嫌なわけではなくても寝ぼけて「鬱陶しい」「疲れてるんだよ」などと冷たく言い放つかもしれません。

3.排卵日だからと誘う
夫婦共に子供を望んでおり、その日は必ずしようという約束がなされている夫婦は別です。 が、妻側が執拗に子供を欲しがっていたりする場合、排卵日だからと誘われるとプレッシャーになります。

絶対に今日しないといけない、出来なかったらまた妻ががっかりする、人によっては俺は種馬か?と感じる人もいるようです。

結婚して子供を望む夫婦は多いです。しかしそれがプレッシャーになってしまうと義務になってしまい楽しめません

排卵日だからしたいとしても、その事を口に出しては色気がありませんよね。違う誘い方でチャレンジしましょう。 「仲良し日」のように言い方を変えるだけでも気分は変わります。

プレッシャーを感じたり、無理強いされているように感じると拒絶してしまう男性は多いです。気を付けましょう。

断られても傷つかない

物凄く勇気を振り絞って妻から誘ったのに断られたら・・・。物凄くショックですよね。とても傷つきますよね。

断られたショック、愛されてないのかという不安、やっぱり女から誘うなんて…という自己嫌悪。 ・・・この全て、感じる必要はありません

ただ眠いだけかもしれません。ひたすら疲れているだけかもしれません。久しぶりなので勃起するか不安なのかもしれません。 たまたまそういう気分ではない日なのかもしれません。 もしかしたら過去に貴方に冷たく断られてすねているのかもしれません。

1度でも断られたら男性だってかなり傷つきます。
妻だけEDや家族にしか見えないという理由であれば別方向からのアプローチが必要になります。
それはけして貴方を愛していないということではありません。だから傷つく必要はないのです。

そこで怒ったり落ち込んだりすると男性は面倒くさいと感じます。そうなれば次に誘われたらどうしようとプレッシャーになります。

「そう。じゃ、またいつか〜」くらいの気持ちですっと引き下がれば良いだけです。

お互い変化しています。 「結婚前はこうだったのに・・・」ええ、もう結婚しているのです。環境が違います。
「若い時は求めてたくせに・・・」貴方もですが相手だって歳をとっています。
「新婚の時は優しかったのに・・・」貴方も新婚の時と同様に優しくしていますか?

旦那様が変わったのではなく、あなたが変わってしまったという可能性だってあります。
断られたらさっと引いて別の対策を考える。

他人が一緒に生活しているのです。多少の行き違いくらいあって当然と割り切る事も大事です。